MENU

何が原因で退職したのか?それを正しく答えられるための準備

面接すれば、当然転職の理由について尋ねられることになります。

 

「何が原因で退職したのか?」ということは、どんな会社も特に気になる部分です。

 

だからこそ、転職した理由を熟考しておくことが重要です。

 

同業の者で「家族のコネでSEだったけれど、この業界に転職してきたのだ。

 

」という者がいて、その人の意見としてはSEの業界のほうが確実に百倍も楽だったということです。

 

いくら社会人であっても、正しい丁寧語、謙譲語そして敬語を使っているわけではありません。

 

ところが、社会人ということで恥と言われるだけなのが、面接時には致命的(面接失敗)な場合がほとんど。

 

電話応対さえも、面接の一つのステージだと位置づけて応対しましょう。

 

逆に言えば、担当者との電話の応対や電話のマナーが優れていれば、同時に評価も上がるのだ。

 

一般的に見て最終面接の局面で質問されるのは、それまでの面談の折に既に質問されたことと重なってしまいますが、「志望のきっかけ」が最も多く質問される内容です。

 

外国籍企業の勤務地で必要とされる仕事する上でのエチケットやスキルは、日本人サラリーマンの場合に促される行動や社会経験といった枠をひどく超えていることが多いのです。

 

せっかく手配の段階から面接の場まで、長い手順を踏んで内定が決まるまで到達したのに、内々定の連絡後の反応を間違ったのでは台無です。

 

上司の命令に従えないからすぐに退職。

 

概していえば、こういった思考経路を持つ人に直面して、人事の採用担当者は疑心を禁じえないのです。

 

「本当のところ本当の気持ちを話せば、転業を決めた最大の要因は収入のせいです。

 

」このような例も聞きます。

 

ある外資系産業のセールスを仕事にしていた30代男性社員の事例です。

 

現在は成長企業だと言われても、100パーセント何年も何も起こらない、そんなことではありません。

 

ですからそこのところについても十分に確認が不可欠。

 

業転職エージェント所では、多種の雇用や経営に関連した法的制度などの情報が公開されていて、現在では、やっとこさ求人情報の扱い方も進歩してきたように思います。

 

今後も一層、拡大しそうな業界に職を得る為には、その業界が真に成長業界なのかどうか、急な発展に適応した経営が運営できるのかどうかを確かめることが肝心な点でしょう。

 

「自分の能力をこの職場なら有効に用いることができる(会社に功労できる)」、つきましては先方の企業を目標にしているという場合も、ある意味願望です。

 

無関心になったといった立ち位置ではなく、汗水たらして自分を認定してくれて、その上内定までしてくれた企業に向かって、誠意のこもった返答を注意しておくべきです。

 

面接自体は、就職希望者がどういう考え方の人なのかを認識する場だと考えられますから、セリフを上手に読みあげる事が大切なのではなく、心をこめて伝えようとする態度が大切だと思います。